サイズにつきましては、アゴを開いた数値です。
多少のサイズ誤差、多少のディンプル軽微なアゴズレや尻出等は完品とします。
あらかじめご了承ください。

2016シーズンの久留米結果

2016シーズンは、戻し交配をキーワードに累代をしました。
大型個体は過去で一番多く出てきております。

1番血統 85mm、84mm各1頭羽化していますが、いずれも完品ではありません。

2番血統 産卵数が少ないにも関わらず85mmが2頭羽化して、1頭完品です。

4番血統 羽化不全で☆になりましたが88mmが羽化しています。他85mmが1頭軽い羽パカです。

8番血統 2頭しか産卵せず、いずれもメスでした。

9番血統 85mmと84mmが各1頭完品羽化しています。

10番血統 羽化不全で☆になりましたが87mm、86mmが各1頭羽化しています。完品は84mmが1頭羽化しています。

11番血統 羽化不全で☆になりましたが88mmが羽化しています。他86mmと85mmが完品羽化しています。

12番血統 86mmが2頭、84mmが4頭完品羽化、軽い羽パカの86mmがもう1頭羽化しています。羽化したオスは84mm以上と素晴しい成績でした。

14番血統 ついに88mmが羽化。他86mm後半が完品羽化しています。戻し交配での88mm羽化となります。

15番血統 86mmが1頭羽化していますが、軽い羽パカです。

16番血統 羽化不全で☆になりましたが85mmが羽化しています。

17番血統 羽パカですが88mmが羽化しています。参考値で88.4mmとシーズン最大です。種親オスが14番と同じで戻し交配での羽化になります。

18番血統 83mmが最大でしたが、2番12番と同じ種親オスになり、血統背景は十分です。

表記の完品とは、羽が閉じている個体を指します。少々難有個体も含みます。

0円

注文数:

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索